悪玉菌が増加してしまう原因

悪玉菌が増加してしまう原因として挙げられるのが、
食生活の乱れが起因しています。

食生活が外食中心になってしまったり、欧米化が進むとともに
お肉や脂っこいものがメインとなってしまい、サラダなど野菜が
不足しています。

結果食物繊維がたりなくなって、腸内に便がたまってしまいます。

便が腐ってくると腸内環境のバランスが崩れてきてしまい、
善玉菌の数が減って来ます。

それとは反対に悪玉菌の数が増えていき、肌荒れや体臭の原因となります。
腸内にたまっている便や老廃棄物、毒素などが腸内で腐り初めてきてしまうと、
腸管から毒素を体全身に散らばしてしまいます。

そうなると腸内だけではなく、体中の善玉菌が減少し悪玉菌が増加して
しまいます。

エイジングや体臭、お肌の荒れの原因となる悪玉菌を増加増加させないよう
にするためには食生活の改善が必要です。

野菜を主食とすることで栄養やミネラルもたっぷり補給することができ、
食物繊維も豊富に取ることができるので、体内から毒素や老廃棄物を
排出させるための体内デトックス効果が促進されます。

身体の中にある毒素や不要物はできる限り早く体外に排出することが
善玉菌を増やし悪玉菌の増加を防ぐ方法です。

ダイエット効果や美容効果に合わせ身体の健康にもとても良い効果があります。
野菜には抗酸化作用が高くあるので、アンチエイジング効果や抗がん作用、
人間が本来持っている免疫力を強化することができます。

体臭やお肌の荒れの改善効果にも適しています。
妊娠して便秘になると悪玉菌が増加している状態になります。
妊婦は、便秘になっても便秘薬はおいそれと飲めません。

悪玉菌